基本性能および公害・安全性の観点より以下の項目についてのデータを調査し、検討さ
れることをお勧めいたします。

         
 





      洗浄性       < 脱脂力を代表値として確認します >  
 試験片に汚れを付着させ。洗浄前後の重量を測定し、
 除去された汚れをもって脱脂力を確認します。
 〔洗浄剤の濃度、処理温度、処理方法等の条件設
 定が必要です〕 
       
         
       
    防錆性       < 鋳鉄の腐食〈錆の発生〉を以て確認します >  
 ろ紙を敷いたシャーレに乾式切削した鋳物切粉をとり、
 試験液を注ぎ一定時間後、ろ紙に現れる錆の発生状態
 を観察する方法や鋳鉄試験片上に試験液をスポットして
 確認する方法などがあります。
       
         
       
    発泡性       < 起泡量を経時的に測定し、確認を行います >  
 〔試験液を一定量メスシリンダーにとり、規定の方法
 (時間OR回数)で、振とうしたときの起泡量を経時的に
 測定し、確認を行います。他に、ダイナミックフォーマー、
 ロスマイルス法などによる測定を行うこともあります〕
       
         
       
    腐食性        苛酷な条件(高温における長時間の処理)で非鉄金属類  
 (ア ルミ、銅、亜鉛、ホワイトメタルなど)の腐食状況を
 確認します。 〔80℃に調整した試料液に、テストピース
 を1時間浸漬したと きの腐食、偏食の状態を目視観察
 する。必要があれば 重量変化も測定します〕
       
         
       
    シミ
発生性

      < シミ(白や黄色)の発生度を目視にて観察します >  
 〔試料液を均一な清浄面をもった試験片(研磨した鋼板
 など) に、スポットさせ、強制的に蒸発乾固させたとき
 のシミ (白や黄色)の発生度を目視にて観察します〕
         
               
         
 









      公害関係
分析値

       水質汚濁防止法に規定されている健康に有害な物質  
 は含まないことは勿論、生活環境を阻害する物質の
 うち、pH、COD、BOD、n-へキサン抽出物質等を実測
 し、最終排水への負荷を検討する必要があります。
       
         
       
    廃液
処理性

       廃液処理を行う場合は、ジャーテストを行い処理可能  
 かどう かを確認する必要があります。 〔凝集処理性、
 生物処理における生物阻害性など。また必要とあらば、
 廃液処理水の蒸気公害分析値を測定します〕
       
         
       
    皮膚
刺激性

       人体に対する影響性のうち、毒性の検討のほかに考  
 えなくて はならないものに、洗浄液の接触による皮膚
 刺激性があります。
         
               


〒576-0054 大阪府交野市幾野6-33-2 島田化成株式会社 TEL (072)891-7431

Copyright© 2010 島田化成株式会社 All rights reserved.